5794

2018年02月08日up

西武沿線で歌って踊れるお店を!

  • 年齢
    65才以上 70才未満
  • 性別
    男性
  • 学歴
    大学卒業
  • 職業
    会社員
  • 資格
    建築・土木・不動産関係 : 宅地 建物取引士
    建築・土木・不動産関係 : 管理業務主任者
    技術関係 : 電気工事士
  • 経験職種
    営業 期間 : 5年以上 10年未満
    経営企画 期間 : 10年以上
    技術職・エンジニア 期間 : 10年以上
業種
スポーツ・趣味・娯楽
募集エリア
関東
ビジネス開始時期
6ヶ月以内
みんなの評価

0

ビジネスプラン

カラオケを楽しむ人達は、2000年以降、約4600万~約4800万人を安定して推移してきましたが
現在、カラオケ人口は、減り始めて業界は激しい価格競争やリストラを迫られ、影響は音楽づくりに
まで及んでいると言われています。それでも。全国には、この人達の、比較的若い年代をターゲット
に1万近くのカラオケボックス施設があって、より高い年齢層を多く客に持つカラオケスナック等は
数え切れない程あります。

一方、世界50か国で踊られているといわれる社交ダンスですが、日本で楽しんでいる人達の数は
約160万人と言われ世界一です。社交ダンスのパーティーも、1年を通じて毎月何千件も開かれて
いて、しかもその数は、年々増え続けています。
少子高齢化の中、そのブームを牽引すしているのが年々増加するシニア世代で定年後の趣味や
新しい出会いの場を求めて元気に活動しています。
では、パーティやレッスンの後に楽しめる歌って踊れるお店は、どれくらいあるのでしょうか!?
需要があるのに、ほとんど数える程しかありません。

その大きな原因の一つに風営法の規制がありました。
私も、20年近く社交ダンスを楽しんできましたが、通っているサークルや教室でも、風営法の規制
を疑問視しており、その改正に向けて署名活動等、様々な人達にお願いしてきたところです。
そのかいあってか、4号営業の規制は撤廃され、3号営業でも「特定遊興飲食店営業」という新たな
営業形態で始められる事になりました。
ただ、作りたいお店は、午後からの開店として、午後11時前に閉店とします。そして、風営法の騒音
及び振動規制内に収まる地下又は2階以上にある店舗を西武沿線で探したいと考えています。

求めるパートナー

私は、25年前にブームの中、カラオケボックスの立ち上げと運営を任された経験があり、また宅建士
と調理師の資格を活かして不動産と飲食業の経験もありますが、投資して頂ける方達と膝を交えて
詳細を詰めていき、時間と経済的にも余裕のある、シニア世代が、仲間を連れて一度来店頂けたら
必ずリピーターとなる様な、安心の歌って踊れるお店作りをしていきたいと考えています。

掲載者のメールアドレスを取得する

  • @

ご記入いただいたメールアドレスが、掲載者様や他の方に知られる事はありません。
ここでご記入いただいたメールアドレス宛に、掲載者様とあなた様がお互いに匿名のまま連絡を取り合える一時的な専用メールアドレスをご連絡させていただきます。