6541

2019年01月03日up

人の最期をキャッチする

  • 年齢
    30才以上 35才未満
  • 性別
    女性
  • 学歴
    短期大学卒業
  • 職業
    会社員
  • 資格



  • 経験職種
    接客・案内 期間 : 5年以上 10年未満
    技術職・エンジニア 期間 : 1年以上 3年未満
    製造・制作 期間 : 1年未満
業種
サービス
募集エリア
関東
ビジネス開始時期
3ヶ月以内
みんなの評価

3.50

ビジネスプラン

孤独死 に焦点を当てた会社を小さいところから作りたい。
珍しいかもしれませんが、興味を持っていただけた方に読んで欲しいです。

孤独死する人が年々増加している中、これからは年配者だけに止まらず
晩婚・未婚・またはその他の事情により仕事以外でコミュニケーションをとらない人が増えると予測されています。
昔のようにご近所づき合いは無くなり、隣人がどんな人かもわからないという状況は普通じゃない
ネットでのやり取りによって遠くの友人とも簡単に連絡は取れるけれど、実際に声を聞いたり顔を見る機会は減ってしまったかもしれない。

昨年、投稿者自身も知り合いのいない土地で一人暮らしを始めました。
誰にも会わずに終わる日、一言も喋らずに過ごす日、決して珍しくありません。
ふと、思うことがあるのです。「今自分が倒れたら、誰が、いつ気づいてくれるのだろう・・・?」

孤独のまま亡くなられた方のその後の状態は悲惨だといいます。
体液がにじみ出て、虫が湧いたり、賃貸であれば特殊な清掃を施す必要が出てきたり・・・。
何より誰にも知られず、放置され、生前の面影がなくなってしまう、一生懸命歩いてきただろう人生の最期がそのような形になってしまう事はとても悲しく感じられるのです。

今回私が作りたいのは、誰かと共に居られるように促したり、遺書や遺言をお預かりするものではなく、
あくまで何らかの事情で独りで生きる事を決めた人達が、自らの死後を心配しなくても済むようなサービスを提供することです。

現在は月額制で電話による定期的な確認、応答がない場合の対応(予備の連絡先・訪問)などを考えています。
内容はまだ穴だらけですが、同じ境遇で自分だったらこんなサービスが欲しいと積極的に考えていかれる方、興味がある方を募集します。

求めるパートナー

投稿者は起業を1から学ぼうとしています。
行動を起こしながらという感じになっていくかと思いますので予め土台が無いと不安な方のご期待には応えられないと思います。
上記内容に対して共感いただける方。

掲載者のメールアドレスを取得する

  • @

ご記入いただいたメールアドレスが、掲載者様や他の方に知られる事はありません。
ここでご記入いただいたメールアドレス宛に、掲載者様とあなた様がお互いに匿名のまま連絡を取り合える一時的な専用メールアドレスをご連絡させていただきます。