▲トップ

6631

2019年02月07日up

【エンジニア】音声コンテンツビジネス

  •  名無し4175 さん
  • 年齢
    20才以上 25才未満
  • 性別
    男性
  • 学歴
    高校卒業
  • 職業
    学生
  • 資格
    その他 : 1級小型船舶操縦士


  • 経験職種
    IT関連技術者 期間 : 1年未満
    肉体労働系 期間 : 1年未満

業種
ソフトウェア開発
募集エリア
全て
ビジネス開始時期
1年以内
みんなの評価

0

ビジネスプラン

皆さんこんにちは!
私たちの周りには、スマートフォンをはじめとする多くのデバイスに囲まれています。
電車の中でふと隣の人のスマートフォンをのぞいてみると、SNSで友人や家族と連絡を取ったり、YoutubeやNetflixなどの動画コンテンツを閲覧したり、Webサイトやツイッターなどのテキストコンテンツを見ていたりゲームをしていたりと様々です。

今回僕が目を付けたのは、Youtubeです。おそらく子供から大人まで、時間があればYoutubeを見ているという方が多いと思います。
今となってまYoutube上にはYoutuberという職業まで出来上がるほど成長し、企業はこぞってYoutubeに広告を出そうとします。
そこには莫大なお金が動いていることは言うまでもありません。

【Youtubeが見られる理由】
①手軽さ
→自分で読む必要がない、自分が経験できないものが直感的に理解できて楽
②面白い
→多くのYoutuberによる競争が起こるため、ネタが洗練されている
③おすすめ欄の正確さ
→閲覧履歴から興味関連度の高い動画がおすすめされることで次へ次へとみてしまう

僕が思うYoutubeの強み・良さはこの3点だと思います。
このロジックを軸に考えたとき、動画コンテンツ→音声コンテンツと変えても同じことができるのではないかと思いパートナーを募集しようと考えました。

【音声コンテンツの良さ】
①聞くだけという手軽さ
→音声であれば視線が奪われず、運転中やランニング中などでも楽しめる
②データ使用料の軽さ
→動画は音声の約7倍のデータ使用料です
③投稿者の負担も軽減
→動画編集は難しい!顔出しはちょっと... という場合の人も気軽に参加可能

動画コンテンツは映像と音声の両方を楽しむものですが音声コンテンツには、音声のみという制限をかけたからこそうまれるメリットもあります。
スマートフォンが出始めた頃、通話とメールしかできないけど使用料がめちゃくちゃ安いガラケーが流行ったことを覚えていますでしょうか。
今回の音声コンテンツもYoutubeの映像を制限することでYoutubeが使われないタイミング(WiFiの無い外出中、ランニング中、調理中)など何かをしながら楽しむことができるという点に重点を置き開発していきたいと思っています。

私は現在学生なので、学生であるメリットを最大限に生かして開発にあたりたいと思います。

求めるパートナー

求めるパートナーはエンジニアです。しかし開発を進めるだけならばアウトソーシングという手段もあります。そんななかパートナーを探しているのは、私はまだ学生で経験もないため開発だけでなく多くの会話を通じてディレクションの決定を行っていけたらいいと考えています。
【役割】
・開発
(・経営補佐)

【能力・技術】
・プログラミング
→iOS,Andoroid,Webアプリ開発(swift,JS,html,css)

【資金】
調達には細かい仕様書や事業計画書が必要になるので、パートナーを見つけてから調達をしたいと考えています。

【募集条件】
・実務経験があり、現在はフリーランス
・起業意欲がある
→あくまでも事業へのコミット量を最大にしたいので働いている方は難しいかもしれません。

【求める人物像】
・長時間のPC作業ができる方
・マメにコンタクトが取れる方
・学生と一緒に進めるうえで体力が必要になります


ログイン      無料会員登録

ワークコラボを利用するには無料会員登録が必要です。